風光明媚な歴史ある街|東邦ハウジングならコストをかけずに家を建てられる

東邦ハウジングならコストをかけずに家を建てられる

女性

風光明媚な歴史ある街

夫婦

住宅都市てしても高い評価

鎌倉は、神奈川県の南東部に位置する市です。中世における日本の政治の中心地であり、名所旧跡が数多く残されていることから観光都市としての性格を色濃く残しています。その一方で、住環境も充実しています。鎌倉が住宅地として開発され始めたのは1930年代のことです。環境の良さに惹かれて多くの作家などが移住したことから、鎌倉文士なる言葉も生まれました。その後、高度成長期には都心のベッドタウンとして再び開発が盛んになりました。現在の鎌倉は、県内での屈指の高級住宅地として高いブランド力を有しています。その特徴は地価にも表れています。2016年における基準地価と公示地価を合わせた地価平均は1平方メートル当たり約24万2千円で、これは川崎・横浜に次ぐ県下で3番目の高水準となっています。

通勤者向け物件も多数

鎌倉における一戸建て住宅の分布状況を見る場合の注意点としては、北部と南部とでおおよその色分けができるということです。まず南部は相模湾に面し、背後に低山を控えた平地に昔ながらの閑静な住宅街が広がっています。築50年、60年を経た純和風建築の一戸建ても多く残されており、古都ならではの佇まいを見せています。また、山の中腹には別荘風の邸宅が点在しており、販売価格が1億円を超える一戸建て物件も少なくありません。一方、北部は横浜市に隣接し、主に東京都心部や横浜中心部への通勤者向け住宅が密集する地域となっています。新築物件の売出件数も豊富で、価格は土地面積100平方メートルの新築一戸建てで4,000万円前後が平均的な相場となっています。